3つの性病のお話 | 感染してからでも遅くない性病とその治療薬とは? menu

3つの性病のお話

橙色の錠剤

クラミジアはクラミジア・トラコマティスいうのが正式名称で、これに感染すると約2週間ほどで食症状が現れます。
男性の場合には「排尿に伴う痛み、尿道のかゆみ」などで、女性の場合は非常に気をつけたいのが「無症状」という点です。
自覚症状が無いということはそのまま自分の身体の中にクラミジアがいるということを気付くこと無く性病が進行していくことになります。

そのまま放おっておくと不妊を招く可能性もあります。
正直そんなの受け止められませんよね。
そのために、あまり不特定多数の男性とは関係を持たないほうが良いかもしれません。
自分の中で進行していく沈黙の病に悩むことになるよりは一時の気持ちの昂りを抑えたほうが賢いような気がします。


尖圭コンジローマというのは感染から3週間から8ヶ月の間に症状が現れるもので、とても長い期間潜伏していることになります。
尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスというウイルスに感染することで発症します。
性器周辺、肛門周辺にとさかのようなできものができることが特徴です。
非常に気持ちの悪い病気となっていてできることならなりたくはないです。
3割程度の確率で3ヶ月以内に自然治癒します。
しかし、尖圭コンジローマが悪性化すると母子感染や子宮頸がんを招くために放置は禁物です。
3割というのは中々に引き当てるには難しい確率となっています。

性器ヘルペスは性器の周辺に水疱やイボができる性病です。
性器のかゆみや不快感が続くために気付くことがたやすくなっています。
自然治癒はしますが、再発率が異常に高いために、原因となる菌そのものを取り除きましょう。

上記の性病にはきちんとそれぞれの治療薬が存在するために何も心配する必要はありません。