自分の中で思うこと | 感染してからでも遅くない性病とその治療薬とは? menu

自分の中で思うこと

黄色とオレンジのカプセル

自分の中で忘れてはならないこととして、実際のセックスには実際の性病がつきまとってくるということです。
性病は基本的に行きずりのセックスからは切り離せないものです。
ならばその行きずりのセックスを楽しむだけでなく、その後の自分のケアまでしないと一人前の遊び人とは言えません。
自分のその後を気にしてこそ、次に行きずりのセックスがあるということです。

実際に性病というものは非常に悲惨なものです。
異常な程の性交痛に悩まされながらセックスするというのは一種の修行です。
本当にやめたほうがいいです。
痛すぎてセックスに集中するどころかイクことすらできません。
単純にキモチイイではなく、「痛い痛い痛い痛い」ぐらいの感じです。
そうなってしまってはせっかく捕まえたパートナーにも失礼です。
遊び人として生きるのであればそういったヘマというのは絶対にしてはいけません。

性病の対策としては色々ありますが、コンドームをつけるというのはまず大前提です。
男性の場合は「今日大丈夫な日だから」、女性の場合は「最後は外に出すから」というのは世界で一番信じることができない言葉です。
信じた時点で負けたと思っていいです。
そういう場合に性病になることはなくとも、こども関連のトラブルに発展してしまうことも少なくはありません。
そのためにできるだけリスクからは遠いセックスを目指しましょう。
性病は自覚症状が出てから治療薬を飲めば解決しますが、妊娠は自覚症状が出てからでは遅いです。
そのため絶対に自分の身は自分で守りましょう。